“青侍:あおさぶらい” の例文
“青侍:あおさぶらい”を含む作品の著者(上位)作品数
神西清2
原勝郎1
“青侍:あおさぶらい”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お屋敷に仕える青侍あおさぶらいの数も少いことではございませんが、殊更ことさらわたくしにお申含めになったについては、少々訳がらもございます。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
お屋敷に仕へる青侍あおさぶらいの数も少いことではございませんが、殊更ことさらわたくしにお申含めになつたについては、少々訳がらもございます。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)
この者は青侍あおさぶらい中特別の者であったからして年回には相当の合力をしてやったのである。
そのうちに物見に出ました青侍あおさぶらいもぼつぼつ戻って参ります。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
そのうちに物見に出ました青侍あおさぶらいもぼつぼつ戻つて参ります。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)