“雪狐”の読み方と例文
読み方割合
ゆきぎつね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのころは、こゝらは、一面の雪と氷で白熊雪狐や、いろいろなけものが居たさうだ。お父さんはおれが生れるときなくなられたのだ。
楢ノ木大学士の野宿 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
そのころは、ここらは、一面の雪と氷で白熊雪狐や、いろいろなけものが居たそうだ。お父さんはおれが生れるときなくなられたのだ。
楢ノ木大学士の野宿 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
白熊といふよりは雪狐と云つた方がいいやうなすてきにもく/\した毛皮を着た、いや、着たといふよりは毛皮で皮ができてるというた方がいゝやうな
氷河鼠の毛皮 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)