“雅楽助”の読み方と例文
読み方割合
うたのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、今度の戦い、浅井家に取って必死の合戦なりと思い決死の覚後をした者、他にもいろいろ、その中にも、最もあわれなるは浅井雅楽助である。雅楽助の弟を斎宮助と云う。
姉川合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
名ある将校だけでも、細江左馬介、浅井斎狩野次郎左衛門兄弟、弓削六郎左衛門、浅井雅楽助今村掃部、黒崎備中、等々々、戦後の織田方の首帳に、豪華な亡命者の名をならべた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
篠部淡路守、津田雅楽助、山岡主計頭、前田主水正、不破萬作、雑賀虎、山田三十郎、山本主殿助、志水善三郎、外に隆西堂が淋しく従い、奈良坂を過ぎて般若寺のあたりに暫く輿をとゞめつゝ
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)