“主殿助”の読み方と例文
読み方割合
とのものすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
篠部淡路守、津田雅楽助、山岡主計頭、前田主水正、不破萬作、雑賀虎、山田三十郎、山本主殿助、志水善三郎、外に隆西堂が淋しく従い、奈良坂を過ぎて般若寺のあたりに暫く輿をとゞめつゝ
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
主殿助は、腕ぐみの中へ、しばしを埋めこんだ。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのとき主殿助伊忠はかたちをあらためて
死処 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)