“雄飛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆうひ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雄飛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
といって首をかしげた。何十ぴきとなく守っているばかりか、あっちこっちにブンブンと雄飛ゆうひしているから、とてもはだかになる勇気は出ない。物おきの軒先のきさきなぞにぶらさがっているのとはけたが違う。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)