“隼町”の読み方と例文
読み方割合
はやぶさちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家は五十一のとき隼町に移り、翌年火災に遭って、焼け残りの土蔵や建具を売り払って番町に移り、五十九のとき麹町善国寺谷に移った。
安井夫人 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
坂上の道はふた筋に分かれて、隼町の大通りと半蔵門方面とに通じている。今夜の私は、灯の多い隼町の方角へ、女は半蔵門の方角へ、ここで初めて分かれわかれになった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
鶴見はこうして、東京麹町隼町で生れたことになっている。府内は大小区に分けられていたかと思うが麹町隼町に変りはない。幕府でお鷹匠を住まわせて置いた町だといわれている。