“隠遁的”の読み方と例文
読み方割合
いんとんてき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この隠遁的な安住の地位に対する、ハイドンの悩みは、時々イタリーに飛んで行きたい熱望となったにしても、ニコラウス侯の優遇はそれを拒んで
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
天性からも、また隠遁的な学者としての生活からも、元来イーゴイストである彼の小自我は、その上におおっている青白い病のヴェールを通して世界を見ていた。
球根 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
浪漫的の青春性に富んでいたのであるが、その後次第に鎖国的となり、人民の自由が束縛されたため、文学の情操も隠遁的、老境的となり、上古万葉の歌に見るような青春性をなくしてしまった。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)