“阿陀仏”の読み方と例文
読み方割合
おだぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
商売物の劇薬によつて(それはもうこちとら風情に防ぎやうがないではないか)涎を流し、映らぬ瞳を朦朧と見開いて、そしてたうとうにかうして阿陀仏である。
新「投った/\、気が付いたから後から石を二つばかり投った、あれが頭へ当りゃア阿陀仏だ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ホイ阿陀仏、へい、あすこにゃ隠居ばかりだと思ったら……」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)