“鋭尖”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えいせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋭尖”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼等は、平馬から、雪之丞の本質について、聴かされてはいても、その美しさ、そのあやしさ、その悠揚ゆうようさ、その鋭尖えいせんさを、目に見、耳に知り、五体に感知するのは今が最初で、しかも、相当の修業者であるとすれば、相手の一身に、みじん、隙も退け目もないのは、一瞥いちべつで判ったであろう。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)