“鋪設”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほせつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋪設”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
御次ぎの奥の間は侍従室、仲の間は大臣参議の室というふうで、すべてくつでも歩まれるように畳の上には敷き物を敷きつめ、玉座、および見晴らしのある西向きの廊下、玄関などは宮内省よりお持ち越しの調度で鋪設ほせつすることにしてあった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)