“鋤車”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すきぐるま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋤車”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 評論 エッセイ 随筆14.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鷓鴣と農夫とは、一方は鋤車すきぐるまの後ろに、一方は近所の苜蓿うまごやしの中に、お互いに邪魔にならないくらいの距離を隔てて、平和に暮している。
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)