“鋤踏”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すきふ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋤踏”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 動物学 > 鳥類33.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
昔々ひどい凶作の年に、父は山畑に鋤踏すきふみに出ており、母は家にいて炒麦いりむぎの粉をいた。