“鉄鉤”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かぎ50.0%
てつかぎ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すつかり耄けてしまつただね? あたしを真暗な納屋んなかへ突つこかしたりしてさ。その一つ目小僧のどたまにやあ、これんばかしでも脳味噌があつたのかい? ほんとに鉄鉤かぎに頭をぶつつけなかつたのが目つけものだよ。
かれらの改めて説明を要しないほどよく知られている方法で、氷を四角に切りわけ、それらがそりで岸にはこばれ、氷置き場にどんどん引きずっていかれ、馬の力でうごかされる鉄鉤てつかぎと滑車と捲揚げ機とによってそれだけの粉のたるでもあるかのようにあぶなげなく山に積みあげられ