“金糸鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カナリヤ66.7%
かなりや33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金糸鳥”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ああ、懐かしいヴィスチュウルの河よ! ちっちゃな電車よ! 私の金糸鳥カナリヤよ! さようなら。
で、今やこの未来のとおおやは、恰かも用心深い猫が、どこかから主人が見ておりはせぬかと、片方の眼であたりに注意をはらいながら、石鹸でござれ、蝋燭でござれ、獣脂でござれ、金糸鳥カナリヤでござれ、手近にさえあれば、何でも大急ぎで掻っぱらってゆくように——つまり、何一つ見逃そうとはしなかったのである。
だから冬から春への推移だって、鳥屋の前で金糸鳥かなりや和毛にこげにそそぐ日の光を二三秒立留って眺めて面白いと思っただけであった。
風景 (新字旧仮名) / 原民喜(著)