“金栄:きんえい” の例文
“金栄:きんえい”を含む作品の著者(上位)作品数
田中貢太郎1
“金栄:きんえい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そうです、私もそう思っていたのですが、これという知己しりあいの者がなくて困っております、ただ私の家にもと使っていた金栄きんえいという男が、鎮江で百姓をしているということを父から聞いてますが、それは義理がたい男だそうですから、それでもたよって往ってみようじゃありませんか」
金鳳釵記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)