“金柚:きんいう” の例文
“金柚:きんいう”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“金柚:きんいう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私は歯痛今以不瘳いえず、豆腐ばかりくひ申候。酒は少々いけ候へども、老境御垂憐可被下候。姉御様も御障なく御勤被成候覧。御餞おんはなむけ之御礼つど/\御申可被下候。金柚きんいうは時々匀合いんがふ(此七字不明)一興をそへ申候。此よしも御申つたへ可被下候。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)