“金板:かねいた” の例文
“金板:かねいた”を含む作品の著者(上位)作品数
葉山嘉樹1
“金板:かねいた”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこへ水夫らは全部かけつけた。あるものは、カバーの金板かねいたをバーで動かそうと試みた。この間にも波浪は、船首甲板ほどではないにしても三、四たび、ここを洗った。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)