“金心異:きんしんい” の例文
“金心異:きんしんい”を含む作品の著者(上位)作品数
魯迅1
“金心異:きんしんい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 評論 エッセイ 随筆50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その時たまたま話しに来た人は、昔馴染の金心異きんしんいという人で、手に提げた折鞄おりかばんを破れ机の上に置き、長衫ながぎを脱ぎ捨て、わたしの真前まんまえに坐した。
「吶喊」原序 (新字新仮名) / 魯迅(著)