“金廻:かねまわ” の例文
“金廻:かねまわ”を含む作品の著者(上位)作品数
杉山萠円1
夢野久作1
“金廻:かねまわ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
由来、大災害の後には人心が弛緩して、民衆の実生活も余程淫蕩に流れる。安政の大地震や明暦の大火の後にも、放逸な仮宅かりや生活や、諸職人の金廻かねまわりのよかった関係から、淫風蕩々たるものがあったことは史実の証明するところである。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)