“金廻:かねまはり” の例文
“金廻:かねまはり”を含む作品の著者(上位)作品数
水上滝太郎1
“金廻:かねまはり”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
料理人は道樂者で、給金を貰ふと松島の遊廓に遊びに行つたが、おりかを手に入れたのは、金廻かねまはりの惡い時の間に合せの意味と、もう一つには遊びの資金もとでを貢がせよう爲めだつたらしく、おりかは頭の物迄取られた事もかくさずに話したさうである。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)