“重荷悪尉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おもにあくじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“重荷悪尉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
仮面めんは能面の重荷悪尉おもにあくじょうで、狭い額、つぶらの眼、扁平へんぺいの鼻、カッと開いた口、あごに垂らした白いひげ
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
能の仮面おもて重荷悪尉おもにあくじょう、そっくり老人の顔であった。がまの形をした大きなあざ、それが額にあるために、一層その顔は凄く見えた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)