“過日来”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いつかじゅう50.0%
かじつらい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“過日来”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
過日来いつかじゅうから、隣の家が空いたですで、この頃では、大概毎晩、あの空屋で寝ているですだ。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
重太郎や𤢖が何時なんどき旧巣ふるすへ帰って来るかも知れぬので、過日来かじつらい昼夜交代で網を張っているのである。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)