“過去生”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
クワコシヤウ75.0%
かこしょう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“過去生”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だが謂はゞ、——平野の里に感じた喜びは、過去生クワコシヤウに向けてのものであり、今此山を仰ぎ見ての驚きは未來世ミライセを思ふ心躍りだ、とも謂へよう。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
だが謂はゞ、——平野の里に感じた喜びは、過去生クワコシヤウに向けてのものであり、今此山を仰ぎ見ての驚きは、未来世ミライセを思ふ心躍りだ、とも謂へよう。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
だがわば、——平野の里に感じた喜びは、過去生かこしょうに向けてのものであり、今此山を仰ぎ見ての驚きは、未来世みらいせを思う心躍りだ、とも謂えよう。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)