“西彼杵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にしそのぎ66.7%
にしそのき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“西彼杵”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.3%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
遠く離れた肥前西彼杵にしそのぎの半島でも、稲の種実のみは特にスヂとよんでいる。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
そのほか、肥前ひぜん西彼杵にしそのぎ郡高島村、吉本氏より報知せられたる仕方は、前述のものと別に異なることなし。ただ少々他の国にてなすところと異なるは、左の一点なり。
妖怪玄談 (新字新仮名) / 井上円了(著)
さりとてここの展望にもまた特色があっていい、美くしいたちばな湾が目の下に見え、対岸の西彼杵にしそのき北高来きたたかぎの陸地を越したむこうにはまた
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)