“虚数”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
イマジナル・ナンバー50.0%
イマジネリー・ヴァリュー50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“虚数”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日常生活内における虚数イマジナル・ナンバーだ。……安全率が微小すぎて、実用に耐えんのですな。嘘だと思ったら実験してごらんなさい。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
虚数イマジネリー・ヴァリュー——しかし、リーマンはそれによって、空間の特質を、単なる三重に拡がった大きさドライファハ・アウスゲデーンテン・グレーセンから救っているじゃありませんか。いや、僕は率直に云いましょう。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)