“蕎麦麺麭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
グレチャーニック100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕎麦麺麭”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
どいつだか運のええ奴が、流しでしこたま詰め込みやあがつたな! どうも、おつそろしい袋ぢやて! まあ、この中に蕎麦麺麭グレチャーニック揚煎餅コールジュばかり詰まつてゐるにしても豪勢だが、これがみんな扁平麺麭パリャニーツァだつたら、占めたものだ。