“葦分:あしわ” の例文
“葦分:あしわ”を含む作品の著者(上位)作品数
谷崎潤一郎1
“葦分:あしわ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
江口や神崎がこの川下のちかいところにあったとすればさだめしちいさな葦分あしわぶねをあやつりながらここらあたりを徘徊はいかいした遊女も少くなかったであろう。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)