“葡萄蔓:ぶだうつる” の例文
“葡萄蔓:ぶだうつる”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“葡萄蔓:ぶだうつる”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
殊に菊の花が埋め残した、部屋の一方の壁上には、巧な人工の葡萄蔓ぶだうつるが青々とからみついてゐる、美しい金色の格子があつた。
舞踏会 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)