“芽割”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めわ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“芽割”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
袋の糸目をとくと、なかから美しいべにのつやを持ち、芽割めわれに白い縫糸を見せた小豆が一杯につまっていた。ひなの日の娘らのあそぶお手玉だった。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)