“艶顔”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんがん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“艶顔”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そう心に呟きながら、猪口ちょくをはこぶ、彼女のあだッぽい瞳に、ほんのりと浮んで来たのは、夜目にも、白く咲いた花のような、かの女がたの艶顔えんがんだった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)