“舵板”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ラダー100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“舵板”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
舵は浮嚢うきぶくろを縛りつけたロープで左寄り十度程の処へ固定され、緑色の海草が、舵板ラダーの蝶番へ少しばかり絡みついていた。
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
「そしてその海底には、ほら、その舵板ラダーの蝶番に喰っ附いている海草が、それは長海松ながみると云うんだが、そいつが、一面に繁茂しているに違いない。その種の海草は、水際の浅いところに多く繁殖するからね」
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)