“羅漢道”の読み方と例文
読み方割合
らかんみち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元亨ある海中出現の鐘、頼朝寄進の薬師堂塔、庵房のあとをめぐって、四角の竹の林から本堂にで、それを左へ羅漢道にかかると、突然
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)