“羅漢図”の読み方と例文
読み方割合
らかんず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左側に、雪岑、また藍田、右側には大覚和尚。そのほか老僧十一名、弟子僧数十人、生ける羅漢図のようにずらりと並んでいた。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)