“置家”の読み方と例文
読み方割合
おきや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浜町を抜けて明治座前の竈河岸を渡れば、芳町組合の芸者家の間に打交りて私娼の置家また夥しくありたり。浜町の女と区別してこれを蠣殻町といへり。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)