“罪条”の読み方と例文
読み方割合
ざいじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ま、これは、ほんのわしのかんにすぎんが、今までもお藤には婦女をかどわかした罪条が数々ある。してみれば、わしのこの勘考も当たらずといえども遠からぬところであろう。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)