“繩羅”の読み方と例文
読み方割合
じようら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
因果は万人に纏ひて悲苦を与ふるものなるに、万人は其繩羅を脱すること能はずして、生死の巷に彷徨す、伏姫は自ら進んでこの大運命に一身をねたるものなり。