“繋舟”の読み方と例文
読み方割合
けいしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あちこちと眺めまわし、また、声を限りに呼びたててみたが、繋舟は残らず浪にわれて影なく、渡守りの姿も見えない。流れはいよいよ、ふくれ上り、海のようになっている。
走れメロス (新字新仮名) / 太宰治(著)