“繊糸”の読み方と例文
読み方割合
せんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
稲穂にふりそそぐ日の光も、そよ風も、空も、其処に唯一筋繊糸のやうに浮んだ雲も、それは自づと、夏とは変つて居た。