“編席”の読み方と例文
読み方割合
アンペラ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
屠手の頭が印判を取出して、それぞれの肉の上へ押して居るかと見るうちに、一方では引取りに来た牛肉屋の丁稚編席敷いた箱を車の上に載せて、威勢よく小屋の内へがら/\と引きこんだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)