“線路:レール” の例文
“線路:レール”を含む作品の著者(上位)作品数
徳田秋声1
野村胡堂1
“線路:レール”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
線路レールの枕木を切り出す山林やまを見に、栗山くりやまの方へ、仲間と一緒に出向いて行った。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
千種十次郎はようやく話を線路レールへ戻しました。
音波の殺人 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)