“綾織木綿”の読み方と例文
読み方割合
あやおりもめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おそろしく細くて短かい綾織木綿の白ズボンをはいて、なかなかった燕尾服をていたが、下からは、青銅のピストル型の飾りのついたトゥーラ製の留針を挿したシャツの胸当が覗いていた。