“網破損針金”の読み方と例文
読み方割合
あみのはそんはりがね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新橋金春屋敷に住んだ屋根で、屋根屋三右衛門が通称である。の料理店鈴木定次郎で、屋根屋へは養子に来た。い時狂歌を作って網破損針金といっていたのが、後博渉を以て聞えた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)