“絹路”の読み方と例文
読み方割合
シルクロード100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは古代のいわゆる絹路を確かめ、また玄奘法師やマルコ・ポーロの通った道を、現在の地図の上に辿るのが主な目的であった。
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)