“絹枝”の読み方と例文
読み方割合
きぬえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その夜、麹町区M町にある、川村雲山氏の邸宅には、同氏の一人娘絹枝さんが、数人の召使と共に、淋しく主人の留守を守っていた。
黄金仮面 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)