“結情”の読み方と例文
読み方割合
けつじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いっぱしの成功をしなければ内地へ帰れないという意地のような結情があるが、さればといって、インテリともいわれる身が百姓にまで落ちこむ気はない。
三界万霊塔 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)