“経介”の読み方と例文
読み方割合
けいすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、かつて友人の恩田経介理学士は、同君の宅の庭に幾つか忽然と生え出たこの菌をうまいうまいと食べた一人であった。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)