“経ヶ峯”の読み方と例文
読み方割合
きょうがみね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は経ヶ峯の雪を払って、冬の暁に墓所の門をめるのであろう。彼は広瀬川の水を汲んで、夏の日に霊前の花を供えるのであろう。こうして一生を送るのである。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)