“組稲”の読み方と例文
読み方割合
くみいね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分は疲れたように、空虚になった身を村に向かった。もう耕地には稲を刈り残してある田は一枚も見えなかった。組稲の立ってるから、各家に稲をかつぐ人達が、おちこちに四五人も見える。
落穂 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)