“紺揃”の読み方と例文
読み方割合
こんぞろい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分もとうとうこの御仕着を着る始末になったんだなと思いながら、を脱いで上下とも紺揃になった。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)