“細葱”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほそねぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“細葱”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あら、厭だ、もやしをお買いになるの、白っぽくて蛆々うじうじしていて厭ね。それに細葱ほそねぎって、糸みたいで気味がわるいわ。おばさまは変なものばかりお買いになるのね。」
蜜のあわれ (新字新仮名) / 室生犀星(著)
細葱ほそねぎの青きはたけに、
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)